数学 Wiki
Advertisement

三角数とは、を合計した数のことである。三角数の例として、1 + 2 + 3 + 4 = 10 があげられる。

性質

上記式の場合、で求めることができる。

Advertisement