数学 Wiki
Advertisement

ピザの定理 (Pizza theorem) とは、円の内部の任意の点Pから、中心角が等角度となるように8,12,16,...個(8以上の4の倍数)の点Pから円周上の点への線分によって分割する時に、隣り合わない領域の部分の面積の和は等しい、という定理である[1][2]

出典

Advertisement